永遠のKING OF POP 〜 マイケル・ジャクソンの死 〜


6月25日の朝ー
何気に見たTVニュースで「マイケルジャクソン心肺停止」という文字が目に飛び込んできて
時間が停止したような感覚に襲われました。

まさかまたいつものデマか....?

慌ててインターネットでYahooトピックスを見ると、
「マイケル死亡か」という文字が出ていて頭が真っ白になりました。
その後は徐々にマイケル死亡が確定的なニュースが増えてきて。。。信じられなかった。。。

マイケルジャクソンは私が一番最初に好きになった洋楽のアーティストでした。
初めて好きになった当時は私が小学5か6年生の頃かな。。。
その頃の私は父親の影響で外国映画が大好きでして、特にハリウッド映画をよく見ていました。
テレビで洋画劇場などの映画番組を見るのが習慣的になっていてそんな中で、
当時BADの来日記念だかなんだかで放送された映画「ムーンウォーカー」で初めてマイケルを知りました。
その時まではとんねるず木梨憲武のマイケルの物まねで彼の名前を知っていたのですが、
ミュージシャンとしてのマイケルを全く知らなかったので、
彼の曲やダンスをちゃんと聞いたり見たりしたのはこの映画が初めてだったんです。

初めて見た時は、いやもう衝撃的でしたね。マイケルへの印象が180度変わった感じでした。
今はマイケルを知らない人や若い人達にとって、マイケルは変な人というイメージがあるのかもしれませんが
でもね...全盛期のマイケルは本当にめちゃくちゃカッコよかったんですよ。
スタイルが良くて、歌って踊れて、その上セクシーで。
まあ当時でも彼はマスコミ含めて色んな人にネタにされていましたけどね。。。
でも彼は色んなゴシップや笑いのネタを吹き飛ばすぐらいに多才で魅力的なアーティストだったんです。
私はこのムーンウォーカーを見た時からは、彼の虜になってしまった。

その次の日CDショップでマイケルのアルバム「BAD」を探して親に頼んで買ってもらったのを覚えてます。
それから「デンジャラス」「ヒストリー」....などリアルタイムで彼のアルバムを購入してきました。
テレビで放送された「スリラー」「BAD」のショートフィルム等もビデオデッキが壊れてしまう程何回も見たし
民放で流れた何かのチャリティーでマイケルが歌った「ヒール・ザ・ワールド」には親の前で泣いちゃったし
「リメンバー・ザ・タイム」のショートフィルムのキスシーンで激しくヘコんだこともあったな..(苦笑)
アメリカに行った時はラスベガスのハードロックカフェでマイケルの生衣装を食い入るように見てきましたし。

マイケルが裁判などでゴタゴタしている間も、自分が10年以上も洋楽離れになってしまっていた間も
マイケルの曲は時々聴いていました。
そして彼の曲を聴くたびにやっぱりマイケルは私の大切なアーティストだと再確認しちゃうんですよね。

最近は洋楽にまたハマりだして今の洋楽界を見て改めてマイケルみたいなスーパースターはいないと実感。
「アメリカ(メディア)はマイケルジャクソンという生きたレジェンドをもっと大切にすべき!」
...なんてマイケルへのひどい扱いに嘆いていたところだったのに。。。

今は悲報を聞いた時よりも少し気持ち的にも落ち着いてきましたが、
でもまるで家族を失ったかのように寂しい...心にポッカリ穴が空いたような感じです。
マイケルのショートフィルムを見るたびに、この頃に戻りたいと思ってしまう。
この頃の彼はまだ元気だったのにな。

ぶっちゃけて言いますと、彼のプライベート(ゴシップ)に関してはあんまり知らないです。
だって何がほんまかうそか混乱しちゃうんですよね。。。ゴシップ多すぎて。
自分はファンだから一応マイケルの言う事だけを信じてましたが。。。
しかしマイケルはたまに不思議ちゃんになるから、、毎回ややこくなるというか、余計拍車をかけるというか(汗)
とりあえずいちいち反応してたら頭がおかしくなっちゃうのでみんなスルーしてました。
でもさすがに幼児虐待の裁判はちょっと焦ったんだけど....。
そういえば当時日本でもマイケルの幼児虐待疑惑に関する番組が放送されてましたよね。
さすがにあの番組はキモかった....。(マイケルがじゃないですよ、番組自体がです)

しかし死後すぐのマスコミのマイケルの紹介の仕方、、あれはひどいです。
マイケルを奇行だの栄光からの転落だの幼児虐待だの。。。
追悼といいつつも結局はスキャンダルの集大成じゃないですか。。。。
だいたい奇行ってなんなんだよ。。。。奇行って。。もっと他の言い方にしてほしい(^^;
だから民放の追悼番組は一切見てません。MTVだけ見てます。
確かにマイケルの人生は一般人には想像できないぐらい大変だったと思うけれど
人生が幸か不幸だったかは本人が決める事で他人が決めることじゃない。
だからマスコミは自分達の物差しでマイケルの人生を決めつけるのはホントやめてほしい。。。。

結局彼が亡くなった後もマスコミのゴシップネタの勢いは止まらず...それだけビッグスターなんですよね。
すべてが落ち着いた時にはゴシップ抜きでまた彼の事を改めて再評価してほしいな...。
本当にこんな素晴らしいエンターティナーは今後もなかなか現れないのだから。。。

今はとにかくマイケルにはありがとうと心から言いたい。
結局最初から最後まで私にとってはマイケルは雲の上の存在だったな。。。
彼の全盛期をリアルタイムで見る事ができてとても誇りに思ってるよ。
そして亡くなる数時間前まではコンサートのためのリハーサルに励んでいたマイケル。
マスコミに色々書かれても批判されても最後まで彼が前向きで居てくれて本当に良かった。
今まで色々楽しませてくれて本当にありがとう。そして今まで大変お疲れさまでした。

Rest in peace, Michael...


『Music And Me』 Michael Jackson
Music And Meはマイケルの幼少時代の時の曲で、
前々から彼にピッタリな曲(歌詞)だなとずっと思ってました。大好きな曲です。


はあ、マイケルはこれからは本当に他の偉大なアーティストのように伝説の人になっちゃうんだな。。
なんだか信じられないよ。


***

今後追悼の意を込めてマイケルの曲をピックアップして紹介していくかもしれません。
そんなにすぐにはできなさそうですがよろしければまたおつきあい頂けると嬉しいです。


2009.7.7



↑TOPへ | 雑記トップページへ