MadTV 大人向けのコマーシャル


これからは主にJosh Meyersが出てるものを中心にピックアップしていきたいと思います。
(Josh Meyersの詳細は「A Football Thing」「Abercrombie & Fitch」のページをご覧ください)
個人的に英語の勉強の一部としてセリフの訳もなるべく積極的に載せていけたらと思います。

今回は大人向けのコマーシャルのパロディで、
一つ目は男性の性機能回復のためのドラッグ、二つ目は女性の避妊薬のコマーシャルです。
おもいっきり下ネタですが全然生々しいものでなく、パロディなので、変なイヤラしさはないです。(と思う)

なによりですね...この2作品はJoshのイケメン度が高い...!
そして今回もIke Barinholtzも一緒に出てます。
当時MadTVではこの二人はよく一緒に出てましたが..コンビみたいなものなのかな?

しかし、、私の周りにはファンどころかJoshを知ってる人すら皆無なもので。。。寂しいです。。。。はい。。。

(以下のセリフの訳は意訳&適当です)

Mad TV「Metaphorica」

このCMは全部「Metaphor(メタファー:隠喩表現)」で進行して行きますので
英語が分からなくても楽しめると思います。

ナレーション訳(オープニング部分):
「ジャックとジョアンー
 ふたりは素晴らしい人生を送ってきました。
 年月が過ぎ、今もなおジョアンはジャックのことを愛しています。
 しかしー、最近になってジャックはジョアンを失望させてしまいました。

 ジャックが陥った問題は体の一部のことなので、
 TVではその事をお伝えすることができません。

 そのためここではメタファー(隠喩表現)を使います」


「ジャックにはバルーントラブルがありました。彼は実際バルーントラブルを持っているわけではありません。
誰もバルーントラブルを持っていません。バルーンがまさに表しているのは....そう、アレです。get it?」

(意味:バルーン[balloon]=風船 トラブル[trouble]=異常、疾患...つまりballoon trouble=風船の疾患)

「ジャックのトレイン(電車)は脱線してません...ジャックはトレインを持っているわけではありません。
じゃあ誰がトレインを持っているのか?トレインが表すものは..ほら、トレインが何を表すかはご存知ですよね..
..get it?」

そしてそんなジャックに対してナレーター(Josh)はある商品を紹介します。

「ジャックにグッドニュースがあります。彼の問題に対する解決法を用意しております。Metaphoricaを紹介します。
これはTVでは放送できないような彼の患部を治す薬剤です。(黄色い物体が大きくなり)..get it?」

あとはMetaphorica(性機能回復ドラッグ)の効能の隠喩表現が紹介されます。(風船が丈夫になったりとか..)
デリケートな問題だからこそ隠喩表現。でもある意味動きがリアルだ(笑)

Balloon(風船)、Train(電車)、Tunnel(トンネル)、Station(駅)...皆さんは何のメタファーか分かりますか(笑)
所々にJoshが「get it?(わかりますか)」と何度も何度も確認しているところが面白い。
そして...
「いいですか? ジャックのミサイルがターゲット(ジョアン)に命中するでしょう...get it? DO YOU GET IT!?」
.......念押ししすぎ(^^; ...力作なのかな(笑)

最後のところのJoshのセリフのWhen you do get itのget itは「手に入れる、買う」の意味でダブルミーニングですね。
「そうそう、Metaphoricaを入手しましたら、ぜひ彼女と朝まで(※ピーーッ)励んでくださいね.....get it?」
(※禁止用語です)

こういうのを見ると米コメディ映画「裸の銃を持つ男」を思い出してしまいます。
この映画もラブシーンの時は、おもいっきしメタファーを使っていたんですよね。
穴堀工事(?)とかロケット発射とか(笑)
当時若かった私は最初は何がなんだか分からなかったですけど(^^;

しかしNicole Parkerの演技最高!風船見て驚く所とか眼鏡外す所とか細かい演技にかなりツボったわ。。


Mad TV「The OvaMax Contraceptive patch」


カレン
「私はBusy Woman(忙しい女性)....経口避妊薬で煩わされることはありません。
 なぜなら(Contraceptive)Patchを使っているからです。」


Abercrombieシリーズの3人組が出演しているこのコマーシャル。
Contraceptive Patchは避妊用パッチのことで、パッチ型避妊薬は実際に実在する商品で
The OvaMax Contraceptive patchはこれをパロったものです。

このパロディはちょっと自分には英語が聞き取りづらい所が少しありましてセリフの訳は控えめにしてます...。
とりあえず聞き取れなかった部分が分かり次第また後で訳を追加するかもです。


■ Contraceptive Patch(避妊パッチ)とは...

(以下ネット販売の避妊パッチの説明より一部引用)
 飲み忘れのない、貼る避妊薬:貼るだけの簡単避妊パッチ!
 ピル(経口避妊薬)に使われているのと同じホルモンを、皮膚に貼り付けたパッチから放出し、
 避妊効果を持たせることに成功したこの商品、安全性と効果はピルと同等と確認されています。
 1週間に一回、連続3週間貼り続けているだけで避妊が可能なのです。
 5センチ四方の小さなパッチです。お風呂、水泳をしても剥がれないように考慮されています。
 1箱(1か月分=7日用×3パッチ)7日ごとに貼りかえてください。


パッチは下腹部、臀部、上半身のいずれかに、毎週場所をずらして貼付ける必要があるそうです。
このコマーシャルみたいにペタペタ貼ってたら色んな意味で萎えそうな気がしますけど....。
しかし主人公カレンはこれのおかげで色んな人と楽しい時間を過ごせているわけですね。

そしてカレンがContraceptive Patchを貼っていることを知った会社の同僚の3人に
「今夜、どう?」「明日は?」という具合に誘われて難なく受け入れるわけです。。。

しかし最後のシーンで4人で盛り上がっている最中で
Ike :「ヘイ、カレン。そのパッチって病気も防げるんだよね?」
Karen:「.......No」
みんなサササッと退散していく姿が。。。(笑)(笑)(笑)

patchだと性感染症までは防げないですもんね。。直接着けるものじゃないから。

だからその次のナレーションでは
「The Contraceptive patch, You're still going to have to use condoms(パッチをしていてもコンドームが必要になる)」
と付け足しているわけですね。
それやったらpatchいらんやんってなるわけですが....
そして最後の締めのナレーション。
「this message is brought to you by trojan(このコマーシャルはtrojanの提供でお送りしています)」

ん...?trojan?

ネットで調べてみたところtrojan(トロージャン)とはアメリカの大手コンドーム会社のことのようです。
つまりこれはpatchのコマーシャルかと思いきや結局はコンドームの宣伝にもなってるというわけですね。
ちょっとpatchに対する皮肉も含みつつも。

しかし頬杖をついてるJoshがカワイすぎる........(;´Д`A
さらに『Shopping Cart's Crassic!』の言い方が。。なんてキュートなんだ。。。もう食べちゃいたい(><)



2009.7.16



↑TOP | 雑記トップページへ戻る